FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)

  • 2009/04/05(日) 02:52:58

旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)
阿刀田 高
旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)
定価: ¥ 540
販売価格: ¥ 540
人気ランキング: 5839位
おすすめ度:
発売日: 1994-12
発売元: 新潮社
発送可能時期: 在庫あり。

これより色川武大の「私の旧約聖書」がわかり易く胸を打つ
阿刀田のコレは旧約を読んでないが
「知ってる」と思いたい人向け。 
「知ってる」と人に言いたい人向け。

色川のは旧約を読んで無い人も読んだ人も、わかり易く
その偉大さにドスンと来てしまう物だと思いました。 

色川は無頼といわれてますが、決して乱暴な酒飲みなどではなかったのですが、
壮絶な生き様のなかで、なぜ彼が旧約聖書に没頭したのか知りたくて読みました。

色川の「私の旧約聖書」を強く勧めます。

阿刀田版を批判はしませんが、旨くも不味くも無い定食を食べただけの様でした。




西洋文化を理解する一歩に適している
美術館に足を運び、西洋絵画に相対したとき、私は描かれた人物が嬉しいのか悲しいのか分からない。目を閉じて横たわる老人が、どのような生涯を送った人なのかが想像できない。主題となっている宗教的教養がないから。神話を題材としたものも多いですね。教養不足を痛感する瞬間です。

「絵は観て感じるものだ」という御仁もおられようが、私は納得できない。なぜ描かれたこの人は悲しそうなのか、なぜ天使がこの人を祝福しているのか、主題の背景を理解せずに絵を観賞することができるものなのだろうか。

というわけで、まずは宗教の理解を第一歩としました。旧約聖書→新約聖書→イスラム教→ギリシャ神話、という行程を計画。入門ガイドとして、阿刀田高氏の「?を知っていますか」シリーズを手に取りました。ちなみに、私の宗教知識としてはAERAのムック「キリスト教がわかる」レベルです。

本著『旧約聖書を知っていますか』では、イエス生誕までの宗教エッセンスを抽出しています。神と人間とのつながりの始めからを、飽きさせず紹介していますので、初心者にうってつけです。ただし、氏の軽すぎる文体に馴染めませんでした。そこまで茶化す必要があるのかどうか、疑問視するところです。「新約聖書」、「イスラム教」に至るに連れて、この軽々しさはなりを潜めていきます。私としては読みやすくなりました。

イスラエルの建国が1948年。世界史で学んだイスラエル建国の意味する宗教的な重みを、より深く感じることができました。より多くの興味を惹起する書籍です。この本をきっかけとして、新約聖書やイスラム教にまで関心を広めるきっかけになれば、と思います。

宗教的でなく
筆者は信者ではないところに意味があると思う。
いかに物語としての聖書を読み解くか、解説するかと言う事に重きを置き
作家らしい補足を加えている。
「宗教的読み物である聖書も、物語としても面白いのだよ」
という作者のメッセージだと思う。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。